自由に描きたいスケッチ帳

日々のスケッチをのせたり、考えたことをしゃべります。気楽に。

難産のとき。最後までうまくいかなくても。

f:id:reddishgrey:20170806215553p:plain

 かつて機械文明が存在していた遺跡のようなものを描きました。この絵は出来の割にはかなり難産で、一歩進んでは三歩戻るぐらいのスローペースで作業が進んでいきました。楽しい時間より悩んでいた時間の方が長かったです。同じ絵を描いていて何時間もうまくかなくても、突然「あ、これはいけるかも」と思うような切り口が見つかることがあります。逆に、序盤で「これはもらった!」と思っても、途中で「あれ、なんかおかしいな」と思ってしまうことも多い。初めから終わりまでスムーズに進んだ試しがありません。今までで一回もないかも。そしてさらに不運なことに、山あり谷ありで作業を進めて結局谷の底で終わることがあります。これは結構、こたえます。そんなときは、考えるスパンを一枚の絵の制作時間から1年分の絵の制作時間に引き延ばしてみます。今日はだめでも、年末に一年分の自分の絵を振り返ったとき、小さな思い出として酒の肴ぐらいにはなるのではないかな・・・と、ちょっと期待できます。