自由に描きたいスケッチ帳

日々のスケッチをのせたり、考えたことをしゃべります。気楽に。

光の基礎

f:id:reddishgrey:20170919233317p:plain

 明度、色、反射、透過性の物体について勉強しました。少しわかったつもりになって、いざ描くとなると手がついてこないケースの多いこと。できないことを発見しすぎて、まるで迷宮入りした未解決事件にメスを入れているような気分です。ちなみにここで言っている基礎というのは単なる物理法則のことです。光が当たっているところは明るくなる、とかそんな感じの。基礎さえ習得できれば、見たことのないものを自由に、そして多少は楽に創り出せるようになるはず・・・。焦って急いでもどうせまた戻ってやり直すことになるので、できるだけじっくり見ていきたいと思います。

また基礎に向き合うときが

f:id:reddishgrey:20170917034218p:plain

 ここ数週間は構図とか色とかを勉強してきましたが、その更に前に押さえておくべき要素であるライティング、つまり光の作用を、今一度勉強しなおす必要があることに気が付きました。うーん、実際には以前からうっすらと感じてはいたのですが、もういよいよ無視できない・・・。でもここから一段階上に行くには、必要不可欠なことの気がするんですよね。キャッチーな絵を描く誘惑を断ち切って、腰を据えて地味な作業に取り組むときが来たみたいです。家を建てる前には、まず堅牢な土台作りから・・・。1か月後じゃなくて、1年後を見て描き方を考えようと思います。

ストーリーを作るエクササイズ

f:id:reddishgrey:20170915002603p:plain

f:id:reddishgrey:20170915002611p:plain

f:id:reddishgrey:20170915002619p:plain

f:id:reddishgrey:20170915002632p:plain

f:id:reddishgrey:20170915002639p:plain

 ランダムに表示された人間のポーズからキャラクターとシーンを想像して、物語を作るというエクササイズを行ってみました。1ポーズ4分間表示されるようにして、その間に描きます。キャラクターは最初から最後まで同じものを使います。時間が短いので、詳細は全部省いて分かりやすいストーリーにすることだけを考えてみました。もろにハリーポッターの影響を受けてますね。ポーズがランダムなので荒唐無稽なストーリーができたりしますが、やってみると結構楽しいのでおすすめです。

 

f:id:reddishgrey:20170915094324p:plain

f:id:reddishgrey:20170915094331p:plain

f:id:reddishgrey:20170915094338p:plain

f:id:reddishgrey:20170915094347p:plain

f:id:reddishgrey:20170915094355p:plain

 変なストーリー!

顔の練習3 髪の毛

f:id:reddishgrey:20170912071619p:plain

 髪を描く練習も兼ねて女優のAnne Hecheを描いてみました。最初はハリーポッターのフラー・デラクールを描こうと思っていたのですが、いい資料が帽子を被っているものしか見つからず、変更しました。観察していて気付いたことですが、髪の毛は輪郭を気持ちソフトにするとそれっぽく見えるような気がします。ポートレートは今まであまり描いたことがなかったのですが、いざ描いてみると新しく学べるところがたくさんありました。あまり食わず嫌いはしない方がよさそうです。キノコは食べられないけど・・・。

顔の練習2 シンプルな描き方と色選びのメモ

f:id:reddishgrey:20170910190321p:plain

 俳優のジェイソン・ステイサムを描いてみました。普段から込み入ったテクニックは使わない、というか使えないのでシンプルに描くのですが、今回はシンプルさに拍車をかけてみました。するといつも以上に快適に作業が進んだので、備忘録も兼ねて書き下してみようと思います。デジタルペイント初心者でも簡単に試せて、またどのソフトを使っていようと関係なく出来る方法だと思います。

  • 使うレイヤーは2枚(線画と色)
  • 合成モードは通常のみ使う(オーバーレイとかはなし)
  • 色はイエローオーカー、クリムゾン、白、黒の4色のみで、別のキャンバスで混ぜる

    f:id:reddishgrey:20170910201350p:plain

段階を追ってみます(といいつつすぐ終わります)。

f:id:reddishgrey:20170910192510p:plain

線画を描いて、

f:id:reddishgrey:20170910192539p:plain

下に1枚レイヤーをつくり、色を塗り、

f:id:reddishgrey:20170910192550p:plain

線画の余分な部分を消して、上下のレイヤーを統合。その上に1枚レイヤーをつくり細かいところを描いて終わりです。

 この方法の良いところは、シンプルなので余分なことを考えずに描画に集中できるので、練習に適しているところかなと思います。感触はアナログの画材に近く、レイヤーモードを色々変えたりしたときの思いがけないラッキーな効果は期待できません。色に関してですが、使う色を4色に限定することで自動的にまとまりがつきます。どういうことかというと、例えば、

f:id:reddishgrey:20170910195520p:plain

右上の頭が反射している光は、絵の中では紫っぽく見えますが、実際の色相は赤です。

f:id:reddishgrey:20170910200027p:plain

紫色をのせてみると、他の色との色相差が広く、コントラストが強まることが分かります。今回の場合は、別にこの部分を目立たせたいわけではないのでこれは好ましくありません! しかし、紫色は黄赤白黒の4色から作りだすことはできません。つまり、この4色の中から色を作ることで、このような奇抜な色を自動的に抜くことができます。また混色の際に役立つ情報として、黒や白を混ぜるほど寒色よりになっていくことが挙げられます。これにより、色相的には暖色の赤でも、絵の中では寒色寄りの色に見えたりします。

顔を描く練習

f:id:reddishgrey:20170908232355p:plain

f:id:reddishgrey:20170909103529p:plain

 前からやろうと思ってた顔の練習を始めました。並べてみて気づきましたが、目とそれ以外とでは印象の強さが全然違いますね。音が無ければ目は口よりもものを言うみたいです。

塔の村

f:id:reddishgrey:20170906015352p:plain

 ちょっと恐ろし気な雰囲気をつくりたかったので、雨を降らせてみました。同時にまさに今、外で雨が降ってるので食べるものを買い出しに行く気が起きない・・・でもさすがに一日二食はとらないとやばい気がする。

f:id:reddishgrey:20170906015408p:plain

 前回の教会の線画もしました。上の絵よりこっちの方が数倍しんどかった。パースグリッドを作って1から手書きでやったので練習にはなったような気がしますが、いよいよ3Dソフトの導入が頭をよぎりました。SketchUpがインストールして放置されたままなので、そろそろ起動しようかな・・・。