自由に描きたいスケッチ帳

日々のスケッチをのせたり、考えたことをしゃべります。気楽に。

遺跡

f:id:reddishgrey:20171017012756p:plain

 ここしばらく地味なことばかりやっていたので息抜きに環境を描きました。あらかじめ描く対象を決めないで適当に置いたタッチから何を描くか段々決めていく作業は楽しいものです。

 ていうかいきなり寒い! あまりの寒さにヒートテックひっぱり出しました。皆様も体調管理にはお気を付けください。

球でお試し

f:id:reddishgrey:20171011205403p:plain

 また基礎ですが、少しずつわかってくるとかなり楽しく感じられてきました。よくわかってないものを描くときは、球で試すとわかりやすく情報を整理できて役に立つ気がします。色について最近思うことがひとつ。それは……短期間ではとてもとても、マスターできないということです。ぐはっ!

金属鎧

f:id:reddishgrey:20171005041353p:plain

 騎士をつくってみました。金属鎧は大好きなのですが、しゅっとした感じに描くにはまだまだ経験が足りなさすぎる。というかたしか騎士を全身デザインするのは初めてだったような・・・どちらにしろいろんな意味ではじめの一歩ですね。

革の鎧

f:id:reddishgrey:20171002004046p:plain

 革の鎧を装備したキャラクターを作ってみました。個人的に鎧といったら金属鎧のインパクトが強いのですが、革鎧も描いてみると案外面白いものでした。素朴というか、暖かみがあるというか。性能面もある程度よく安価だったことから、金属鎧が普及するまでは民衆の防具としても普及していたようです。また、金属鎧が出始めてからも重ね着して金属鎧と併用されることがあったとか。実際、資料を探している最中もチェインメイルの上に革鎧を着ている写真をみかけました。新しいものをデザインするときはそのものの歴史をちょこっとでも調べるておくととても役に立つ気がします。

f:id:reddishgrey:20171003041353p:plain

 おまけ。イグアナちゃん。

車を描く

f:id:reddishgrey:20170929235557p:plain

 ごつめの車を描きました。資料を何枚か集めて、一つに組み合わせた感じです。一応、無駄な装飾をなくして線のすべてに意味を持たせるように心掛けていますが、それだけだと間が持たないことがよくあって自分の引き出しの少なさを感じます。

 ちょっと最近目を向けたくないものに向き合って胃が痛い…ついでに天候が安定しないからか頭も痛い。泣きっ面に蜂というやつです。ぐええ。

f:id:reddishgrey:20170930193037p:plain

 戦車は初めて描いてみましたが、奥が深すぎる。ミリタリー系は今まであんまり興味なかったんですが、資料を見てるとハマる人の気持ちが分かるような気がしました。なによりそれぞれのパーツが100%機能の為にあるというのがいいですね。動画サイトで戦車の解説動画を見てみたのですが、ゆっくり解説とか充実しまくってて初心者にわかりやすい動画が結構見つかりました。初心者にもやさしく知識を広めてくれる方の存在はほんとにありがたいです。

リペイント

f:id:reddishgrey:20170926161525p:plain

 基礎の勉強の息抜きに、ちょうど1か月前の絵を少しリペイントしてみました。

f:id:reddishgrey:20170926161531p:plain

すこしくっきりしたようなあんまり変わってないような。ここ最近は情報のインプットが多めだったので、どんどん絵に起こしていきたいと思います。

 

f:id:reddishgrey:20170928181156p:plain

 おまけ。簡単なメカを作ってみました。メカはほとんど未踏の世界なので分からないことだらけですが、現実にいる生物をモチーフにすると割と楽にデザインできそうなことが分かりました。

光の基礎

f:id:reddishgrey:20170919233317p:plain

 明度、色、反射、透過性の物体について勉強しました。少しわかったつもりになって、いざ描くとなると手がついてこないケースの多いこと。できないことを発見しすぎて、まるで迷宮入りした未解決事件にメスを入れているような気分です。ちなみにここで言っている基礎というのは単なる物理法則のことです。光が当たっているところは明るくなる、とかそんな感じの。基礎さえ習得できれば、見たことのないものを自由に、そして多少は楽に創り出せるようになるはず・・・。焦って急いでもどうせまた戻ってやり直すことになるので、できるだけじっくり見ていきたいと思います。